坐 禅

 
 仏道をならふというは 自己をならふなり    
 自己をならふというは 自己をわするるなり   
 自己をわするるというは 万法に證せらるるなり 
 万法に證せらるるというは 自己の心身     
 および佗己の身心をして脱落せしむるなり    

               正法眼蔵『現成公案』より  
 

当山では毎月第3水曜日に月例参禅会を開催しているほか、
当山担当者の都合のつく範囲内で、個別の参禅を受け付けております。
 
現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、個別参禅指導は開催しておりません。

月例参禅会(令和3年1020日)開催のご案内

10月より再開いたします月例参禅会ですが、感性症への対策として、密になりやすい初心者指導を当面のあいだ取りやめ、経験者の方々だけを対象に、場所を本堂に、規模を縮小し、第3水曜日に開催いたします。参加していただくにはインターネットで事前予約をする必要があります。
一回の定員は16名。申込が定員を越えた場合、先着順で受付けます。
 

【差 定】

午後6時00分 開 場
午後6時20分 止 静 (坐禅開始)
午後7時00分 放 禅 (坐禅終了) *法話なしでそのまま解散
 
定 員 : 16名 (これまで青松寺にて3回以上、坐禅を体験された方のみ)
申 込 : 予約フォームにて受付 (締め切りは1017日)
 
https://forms.gle/xr9KYF3XxbcRfZuj9
*コロナ感染症予防対策として「氏名」「Eメール」「住所」「電話番号」を明記ししてください。振替の場合の希望日または、振替日には参加できない場合、その旨を備考欄にご記載ください。
 

【注意事項】

・申込の締め切りは1017日までです。定員に達した場合はその旨、このウェブサイトでも告知いたします。
・当日、熱があり、体調の悪い方はご遠慮ください (欠席の場合、1時間前までにメールshishikutsu@gmail.comか、お電話03-3431-3733にてお知らせください)。
・滞在中は常時マスクを着用いただきます。
・受付時には、検温とアルコール消毒にご協力いただきます。(体温が37℃以上ある方はご退出いただきます)
・ロッカールームに入れる人数は3人までとさせていただきます。
・受付を済まされた方は随時、本堂へ行き、お坐りください。
・本堂では1畳ずつ間隔を開けて坐っていただきます。
・坐禅中、咳が止まらない場合は、申し訳ないですがご退出いただきます。
・放禅鐘が鳴りましたら順次退堂していただきます。法話はございませんので、そのまま解散となりますが、更衣室が密状態にならないないよう、人数制限を厳守し、間隔を開けて自分の番をお待ちください。
 

情勢を見つつ、最終的には従来通りの形態に戻していきたいと希望しておりますが、当面はこのように十分な対策をとれる形で、試験的に実施してまいりたいと思います。
何卒ご理解のほどお願い申しあげます。
 

青松寺獅子吼林サンガ

月例参禅会

現在、コロナ禍における対策を講じて開催をしております。
詳しくは上記「月例参禅会の再開」をご覧ください
 
坐る時間は曹洞宗の禅道場の標準にならい40分間です。坐禅のあとは学僧による約10分間の法話があります。予約連絡は不要。すでに青松寺で参禅経験のある方は午後7時までに集合してください。
地域にお住まいの方、勤め帰りの方や学生の方など、皆で和合して一緒に坐る参禅会です。


◉ 日 時 : 毎月第3水曜日 午後7時(午後6時開場)3月、4月中止
◉ 予 約 : 不要
◉ 費 用 : 不要
◉ 受 付 : 本堂に向かって左手の獅子吼林サンガの入口へ直接おいでください
 
※初心者の方は午後6時20分までに集合してください。坐禅堂での坐り方を指導いたします。

個別参禅会

現在、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、取りやめております。
 
当山の担当者が都合のつく場合、個別の参禅も受け付けております。複数人、団体での申し込みはお断りしています。希望日の前日までに連絡いただき、予約してください(当日の申込みは不可)。初心者の方には参禅指導をいたします。坐る時間は状況によって変わりますが、初心者指導をあわせるとおよそ1時間半です。
なお、あまり先の日程の予約ですと予定が不明なため、希望日1週間ほど前を目安に問い合わせください。
7月盆や年末年始などの長期参禅止めの時期はこちらのページにてご案内します。

 
◉ 予 約 : 03-3431-3733
  ※月・金曜を除く。9~16時の時間帯にご連絡ください。
    行事や作務中で電話に出られない場合もございます。時間をあけて、もしくは日を改めてご連絡ください。
◉ 費 用 : 不要
◉ 受 付 : 本堂に向かって右手建物の受処にてお声がけください。

参加要項

坐禅時の服装について

 
ジャージなどのゆるやかな上着、足の組みやすい膝丈より長いズボンをはいてください。
(更衣室がありますので着替えられます)
 

詳細


◉ 青松寺で初めて坐禅をされる方、また希望される方には坐禅の作法を指導いたします。
◉ 本人の希望ではなく、企業の研修等での指示、また旅行代理店などの営利目的での参加の場合、不本意ながらお帰りいただきます。
◉ その他、不明な点についてはお問い合わせください。
 

問い合わせ先


 青松寺獅子吼林サンガ
 〒105-0002 東京都港区愛宕2-4-7 交通案内
 電話 03-3431-3733

参禅者所感

今回の参禅研修を通じ、坐禅において自己を考える機会を得、改めて自己に対して厳しい視点をもって精進していく心構えが生まれました。
自らの業務のみにおわれる生活では、自然と視野が狭くなり自分の尺度でしか他人のことを察することができなくなりがちだが、坐禅を終えた今は寛容な心で、他者と向き合える気がする。一つ一つの出会いを大切にしたい。
短い時間でしたが、初めて自己を見つめられる時間に出逢え、良かったと思っております。改めて、自分の傲慢さや、自惚れ加減,集中力の無さ・・・そして、日々慌しくしているのは紛れも無い「自分」だと云う事・・・。又、是非、伺いたく思っております。
坐禅研修で日本の文化を少しでも体感できたことはとても良い体験になった。
都心でありながら、こんなに静かな心落ち着く場所があるということに新鮮な驚きを覚えた。同時にこれまでの日常がいかに雑念にあふれたものであくせくしていたかということにも気がついた。
これから出会える人や仕事を「ご縁」と考え、大事にしていこうと思っています。
あたりまえのことのように、行っていることを仏教という枠組みでとらえなおして行動することで最初は不自由も感じたが、次第に感謝する気持ち、あらゆる物事や人に対する思いやりとも呼べるような気持ちが自然にわいてきた。
日頃慌しく生活する中で、このように足を組み、呼吸を鎮め、身体・心を沈めることは気持ちよく感じられた。